ecforce連携で
LINE-CRM・CSを
実現できます。

顧客や定期注文情報を参照したステップ配信や
リッチメニュー・自動応答の出し分けができます。

.

About Repeat Line

ecforceとAPI連携できる
リピートラインとは

LINE社のTechnology Partnerにも認定されているD2C向けのLINE公式アカウント機能の拡張サービス。ecforce利用企業様にも数多く利用されています。

.

Cooperation item

連携できる項目

顧客情報

「customer(顧客)」にある様々な項目を連携することができます。

注文情報

「orders(注文)」 と「sub_orders(定期注文)」にある様々な項目を連携することができます。

.

リピートラインでできる
LINE施策例

  • 注文履歴や
    配送状況の確認

    .
  • アップセルや
    クロスセル

    .
  • お届け日・
    サイクル変更

    .
  • 1to1サポート

    .
  • FAQ

    .
  • 解約・変更受付

    .
  • 休眠顧客の
    掘り起こし

    .
  • 発送告知&
    クロスセル

    .
  • 電話やチラシからの
    LINE誘導も
    最適に発話

    .

他社LINEサービスとの違い
【連携編】

連携できる項目数が多い

リピートラインでは、ecforceの「customer(顧客)」「orders(注文)」 「sub_orders(定期注文)」から任意の項目を選択して連携することができます。なので、貴社が希望する様々な条件でセグメントしてLINE施策を行えます。

.

連携項目を柔軟に利用できる

カートシステムから取得した情報をもとに自動応答の出し分けや、システム上で計算し入力の制御を行うこともできます。特に、お届け日変更受付を自動化する際には、このような連携項の柔軟な活用が重要になります。

.

Reasons to be chosen

カートシステム連携に強い理由

理由1

カートの仕様理解

創業から5年間はカートの総販売代理事業を行い、1,000社のD2C企業のカート導入を支援。

また、その後はカートとAPI連携できるD2C向け物流システムを開発してきた為、カートの仕様理解に強みがあります。

.

理由2

D2Cの業務理解

特にLINEをCS業務で活用する場合、定期変更や解約の条件・応対ルールおよび、D2C企業毎のカート設定を正しく理解する必要があります。

2012年の創業以来、D2Cの業務管理システムを開発・販売・運用してきたため、現場業務を理解した上で、機能開発やカートとの連携開発、各種設定を行えます。

.

ecforce連携の導入事例

導入理由は、やりたかった事が実現でき、理想的だったから

九南サービス(タマチャンショップ)様

.

メルマガの開封率が如実に下がり始めたので、LINEで配信テストをしたところ、メールと比べてCTRが10倍くらいLINEの方が良かったので、積極的にLINEを使い始めました。

また、デジタル化が進む顧客とのコミュニケーションで一番のキーワードは「お客様と24時間つながっていること」だと思っており、最もお客様が使いやすいツールがLINEだと考えています。なので理想としては、問い合わせ窓口をLINEに一本化することで簡単な質問はチャットボットで自動応答し、商品へのご質問や相談などにはスタッフが有人対応するなど、リソース配分を最適化したいと考えています。

API連携利用は、簡単3ステップ

STEP1

ecforce「APIオプション」
の利用申込み

STEP2

連携希望項目の決定

STEP3

連携開始

さらに!
ID連携者を増やす方法もご提案

リピートラインはただシステム提供するだけではありません。友だち追加・ID連携者を増やし、顧客の状況にあった施策を行うことで初めて成果を出すことができます。

そこで、リピートラインでは100社以上のLINE運用を代行してきた経験・ノウハウを活かし、友だち追加・ID連携者を増やす方法もご提案します。

追加・ID連携される「理由作り」

友だち追加率・ID連携率を高めるためには、顧客が行動を起こす理由を作る必要があります。

リピートラインではカート情報と連携し、顧客にとって便利な機能や施策をLINE公式アカウントで実現することがで、顧客がLINE友だちを登録する理由を作ることができます。

.

追加・ID連携される「導線設計」

友だち追加やID連携を行う際に最適な導線で案内することが重要です。

なぜなら、ID連携するためにはひと手間かかります。なのでID連携までなるべく手間がかからず最適な導線で友だち追加やID連携を案内することが重要です。

.

ID連携される「テクニック」

ecforceのサンクスページでLINE友だち追加した場合、ID連携も自動的に行える機能がございます。

友だち追加率が高い注文完了ページで友だち追加登録した顧客はすべてカート情報と連携している状態でLINE公式アカウントを利用することができます。

.

D2C企業のLINE活用なら

リピートライン

資料請求はこちら

D2CでLINEを最大限活用できる
リピートラインの資料請求は
こちら

資料請求する

無料オンラインセミナー

D2C×LINEのノウハウをお伝えする
「LINE活用の全体設計図」セミナー

無料オンラインセミナー

お電話でのお問い合わせはこちら

03-4405-0249

(平日9:30~18:30)