solution_crm

様々な顧客・注文情報を活用したLINE-CRM施策ができる!

LINEでのCRMなら
リピートライン

  • 毎月のキャンペーンでROAS2,000%
  • 定期のF2継続率が1.3倍
  • おまとめ配送へのアップセル率1.5倍
  • チャットボットで解約抑止率15%
  • 友だち追加率90%・ID連携率90%
.

こんなCRM課題ありませんか?

  • 縛りができず、LTVが低いまま…
  • メールの開封率が低く、いくら工夫してもインパクトが小さい
  • DMやアウトバウンドのROIが合わず、できる施策が限定的
  • お客様と関係性を構築できておらず、自転車操業的で不安
  • 商品が余ってしまい、解約されてしまう
  • 解約抑止を行うも、費用対効果が合ってるのか不安
  • お客様にとって不便な事が多く、良質な顧客体験を提供できてない
  • 商品では差別化できないので、サービスで差別化したいけど…

リピートラインで解決できます

リピートラインを活用した
CRM成功事例

CRM施策の中でLINEの売上インパクトが最大になりました!

はぐくみプラス様

.

メイン商材が変わったタイミングでお客様層がガラッと変わり、メルマガ登録率・開封率が下がり、その結果クロスセルがうまくいかなくなりました。どれだけPDCAを回しても、見てもらえないと意味がなく、苦しい時期が続いていました。そこでLINEでCRMを始めたところ、開封率が大きく向上し、今ではCRM施策の中でLINEが一番売上が大きくなっています。

また、お客様が注文状況を簡単に確認できるようにしてユーザビリティを高めることで、お客様のためにもなりますし、クロスセルの反応率を高められますので、双方にとってメリットがある関係性を作れるようになりました。

LINEはメールのCTRが10倍以上!さらにCS窓口をLINEに一本化へ

九南サービス(タマチャンショップ)様

.

メルマガの開封率が如実に下がり始めたので、LINEで配信テストをしたところ、メールと比べてCTRが10倍くらいLINEの方が良かったので、積極的にLINEを使い始めました。

また、デジタル化が進む顧客とのコミュニケーションで一番のキーワードは「お客様と24時間つながっていること」だと思っており、最もお客様が使いやすいツールがLINEだと考えています。なので理想としては、問い合わせ窓口をLINEに一本化することで簡単な質問はチャットボットで自動応答し、商品へのご質問や相談などにはスタッフが有人対応するなど、リソース配分を最適化したいと考えています。

F1顧客へのLINE-CRM施策を導入して、アップセル率が最大1.5倍にも!

チュラコス様

.

コールセンターの外注化に伴い、お客様との直接的なコミュニケーションが減り、お客様の解像度が低下したことと、売上を意識したCRM施策が続き、メール等のレスポンスも徐々に悪化していました。

そこで、お客様と近い距離感でコミュニケーションができるLINEを使い、お客様に寄り添ったフォローをしたいとLINE活用を始めました。LINE上では、アップセル施策・クロスセル施策それぞれでLINEの効果を実感。特にアップセル施策は効果が高く、アップセル成功率が最大1.5倍にもなりました。リッチメニュー上でのクロスセルも明らかに増加しており、LTVアップに成功しています。

リピート率・コールコスト抑制・ネガティブUGC減少、これらを全て実現!

ストークメディエーション(COLORIS)様

.

カラリスは1万通りも処方のパターンがあるヘアカラー剤ですので、「お客様からのご相談にその場で回答する難易度が高い」という課題や、コールセンターだけでお客様対応を行っていたので、「受電率が80%前後」「売上増加に比例して上がるコールセンター費用」といった課題がありました。

そこでリピートラインを導入したところ、①2回目リピート率が1.3倍以上になった、②定期会員数が2倍になっても外注のコールセンター費用はほぼ増えていない、③お客様の悩み・葛藤・不明点を可視化できるようになった、④電話につながらないといったネガティブなUGCの減少。など、様々な成果が出ています。

既存施策の数字を減らさず、LINEで定期引き上げ件数増加に成功!

京福堂様

.

主なお客様の年齢層が高く男性が中心なので、「そもそもお客様がLINEを使ってくれるか」は気になっていましたが、お客様にしっかりと届くLINEを使ったCRM施策取り組むことにしました。

既存で行っていた購入確認画面やステップメール・DM・アウトバウンドなど様々な引き上げ施策に加えて、LINEのステップ配信を行うことで、引き上げ件数の増加に成功。さらに引き上げ施策だけでなく、おまとめコースに誘導するアップセル施策ついても同様にLINE経由の獲得分が増加していることから、従来の施策では獲得できていなかった顧客層にアプローチできることが分かりました。

リピートラインでできる
CRM施策例

  • アップセルやクロスセル

    .
  • 飲み忘れ
    防止通知

    .
  • LINE公式アカウントを マイページ化

    .
  • こか
  • 休眠復活キャンペーンの
    自動化

    .
  • 優良顧客向け
    カウンセリングサービス

    .
  • 解約抑止
    チャットボット

    .

LINEで成果が出る理由

理由1

開封率が高いから売れる

.
  • 開封率が50%〜70%(※弊社調べ)
  • SNSと比べても販促に強い

タマチャンショップ様「SNSは認知獲得、LINEは圧倒的なROAS」

インタビューはこちら

理由2

利便性が高いからUX向上

.
  • MAU8,900万人・毎日利用者70%以上
  • ユーザー利便性が高いから喜ばれる

Sparty様「LINEはサービスのコア」

インタビューはこちら

理由3

制作物が少ないからスピーディ

.
  • メルマガのように長文不要。画像でOK!
  • SNSのように毎日投稿不要。

ユーザーにとって便利なサービスを最初に設計すればOK!

Differences from other tools

他社LINEサービスとの違い

様々な情報でセグメントができる

リピートラインではカートの顧客・注文情報を柔軟に連携することができます。

各D2C企業様のご希望にあわせて連携項目を自由に選択できるので、様々なCRM施策やCS運用を実現。本気でLINE活用したいなら「リピートライン」です。

.

CRMだけでなくCSも一緒に運用できる

LINEのCRMで成果を最大化するためには、CS業務でも活用し、ユーザーの利便性を高めることが欠かせません。

リピートラインでは、一つのLINE公式アカウントでCRM施策もチャットボット対応も有人チャット対応も、すべて運用することができます。

.

LINE社の認定パートナー

LINE株式会社の各種法人向けサービス販売・開発パートナーを認定するプログラム「LINE Biz Partner Program」のTechnology Partnerおよび、各種サービスの正規販売代理店に認定されているため、認定パートナー限定の機能やサービスを取り扱うことができます。

.

API Cart System

カートシステム連携も
標準機能で提供

これらカートシステムをご利用の企業様は、標準機能としてカート連携をご利用いただけます。また、連携項目の選定も専任担当者がディレクションするので、初めてのカート連携も心配要りません。

  • ecforce
  • サブスクストア
  • リピスト
  • リピートPLUS
  • 楽楽リピート
  • shopify
  • たまごリピート
  • 定期購読

連携カートシステム一覧を見る

専門スタッフがサポート

STARX

これまで数百社のLINE活用を支援してきたD2C×LINEを熟知した専門スタッフが、利用開始までの全体的な進行サポート・利用開始後の事例紹介や新機能のレクチャーなど、Zoom/ChatWork/電話で手厚くサポートします。

なのでLINE知識がなくても、細かい設定が面倒でも一緒に進めることができます。

.
サポート責任者:景利翔

D2C企業のLINE活用なら

リピートライン

資料請求はこちら

D2CでLINEを最大限活用できる
リピートラインの資料請求は
こちら

資料請求する

無料オンラインセミナー

D2C×LINEのノウハウをお伝えする
「LINE活用の全体設計図」セミナー

無料オンラインセミナー

お電話でのお問い合わせはこちら

03-4405-0249

(平日9:30~18:30)